circlepalace の家具を選ぶ理由
家具を選ぶときは木の特徴を知ることが大切です。
無垢材(むくざい)を選ぶ理由
無垢材は一本の原木を、必要な形の角材や板にカットした自然素材です。
無垢材の他には切り分けた木材を接着剤で組み合わせた集成材や、土台と
なる材料に薄い木のシートを表面に貼りつける突板などがありますが、
これらとは異なり、無垢材は高級とされ、重厚感があり、頑丈なのが
特徴で、長く使い込むほど、木に風合いが出てきます。
これは経年変化といって、木の色に深みや、独特の風合いが出てくる現象のことです。
また無垢材であれば多少の傷がついても、紙ヤスリ等で削ることができる
ため、メンテナンスをすれば、長く綺麗に保つことができます。
その本物の素材感は空間に「格」を与えてくれるものとなります。
無垢材家具は、まさに一生物の家具と言えるでしょう。
IMG_3075_Fotor.jpg
広葉樹と針葉樹の違い
木材の種類には一見同じように見えても硬さや重さ、ひとつひとつに違いがあります。
広葉樹と針葉樹の違いを知ることで、木材の種類や特徴が分かり、木材のインテリア家具を選ぶ際、役立つことでしょう。
広葉樹
オーク・ウォールナット・チーク・マホガニーなど
高級木材として扱われる多くの広葉樹はしっかりと目が詰まっている為、強度があり、傷がつきにくく、耐久性が高いです。
また広葉樹である「ウォールナット・チーク・マホガニー」は世界三大銘木と呼ばれ世界的にも人気の高級木材です。
硬く、反りが生じにくく傷がつきにくいため、長年使い続けることができます。
針葉樹
ヒノキ(檜)・パイン(松)・スギなど
柔らかく軽量な針葉樹は初心者でも加工しやすい為、DIY用の素材として多くの人に利用され、比較的安価に手に入れることができます。
柔らかく傷がつきやすいため、大型家具として長期的に使うようなものには向いておらず、柔らかく肌触りが良いので子供用の家具などに
使用することが多いです。